看板


めっちゃおひさしの更新。実に1年ぶり。
ひさしぶりぶりブロッコリーです。
うだうだの名に相応しく、今回は
謎のCMの噺


今回のネタは超マイナーです。
うだうだ子ちゃん。 恐らくこんなピンポイントなネタは無いかもしれません。
解らない人は「ああ、そんなのあったのね。」
程度で流していただいて。

おそらく30代の人間で、
なおかつ地方のUHF局のテレビを見ている人しか
通用しないという、
ネットを何と心得るか!とお叱りを受けること必至のネタですが、
それが「うだうだ〜」という事で。

その昔、商品を売る以外の啓蒙目的CMというのが
頻繁に流れていた時期がありまして。
(1970〜80年代後半くらいまで。)
今ならAC(公共広告機構)が有名ですね。
あれも怖いCM多かったのですが、
群を抜いて怖かったのが
「放送番組センター」製作の啓蒙CMです。
U局(関西ならサンテレビ・びわこ放送・テレビ和歌山
などの、ネットに系列されてない独立局)
なんかでは
本当によく流されていたものでして。
「自然を大切に」とか「食べ物を粗末にしない」「省エネしましょう」
みたいなヤツです。稚拙なアニメーションと、単純な音楽、
加えて洗練されてない演出ゆえ、アクの強い、怖い内容が多く、
当時見ていた子供たちに確実にトラウマを与えた恐怖のCMたち。
誰か覚えてません?
1990年代に入ると見事に消滅してしまったこれらの啓蒙CMたち。
当然再放送もソフト化も叶わないこれらを、
今回記憶を穿り出して2本分、再現してみました。



恐怖のマッチ編(1977年ごろ)

タイトルは便宜上付けました。
CMは30秒バージョンと60秒バージョンがあり、
今回は60秒バージョンを再現。セリフは一切なく音楽のみ。
解説はこちらで解り易くする為に付けた物です。

導火線に火が。
導火線の先に爆弾。
爆発!
実はテレビ。
子ども、食い入る
様に見ている。
影響された子供、
タンスの上のマッチを
取ろうとする。
誤ってマッチと
一緒に落ちる。
マッチ、突然擬人化。
子供に怒る。
マッチ、説教を続ける。
子供に何かを諭したか?
と思ったら、
マッチ、
突然眠る様に
倒れる。
マッチ、突然燃えあがり、
画面一杯に
炎が広がる!
火の海の
画面にテロップ。
(END)

単純なBGMにギクシャクしたアニメ。
内容はシンプルで、TVに感化された子供が
火遊びをしようとしてマッチに怒られる、というもの。
ココまでならいい。ココまでなら…。
が、事もあろうにマッチはその後焼身自殺するかのように
回りを紅蓮の火の海に包んで唐突にジ・エンド。
…子供は間違いなく焼け死んでます。
「火遊びするガキは死ね!」と言わんばかりの
なんとも情け容赦のないコマーシャル。
怖すぎます。





恐怖のブランコ編(1977年ごろ)

これもタイトルは便宜上付けました。
時間は60秒バージョンのみだったっけ。

セリフは一切なく、
「キーコ、キーコ」というブランコのSEのみ。
後半、このSEに不気味なサスペンス系の曲がカブリます。
(部長刑事のOPみたいな怖い曲です。)

少女がブランコに
乗って遊んでる。
少年が「ブランコ代われ」と
言う風に寄ってぃる。
少女ブランコ譲らず。
少年怒って帰る。
少女が「ブランコ代わって」
と寄ってくる。
少女ブランコ譲らず。
少女も怒って帰る。
夜。すっかり深ける。
まだ少女、
ブランコに乗っている。
(不気味なBGMが鳴り始める)
園山俊二風の
オジサンキャラ現る。
少女に接近するオジサン。
(BGMの音量が大きくなる。)
少女をチョコで
誘惑するオジサン。
少女、ブランコ降りて
ついて行こうとする。
途端にストップモーション。
テロップがかぶり、
不気味なBGM最高潮に。
(END)

何が怖いって、夜中にブランコに乗ってる少女の絵が不気味。
キーコ、キーコっていうSEだけがずっと響いてる。怖すぎ。
ブランコ一人占めする少女みてると
「こんな意地悪な子は誘拐されるぞ」という隠しメッセージでもあるのかな?
ラストの誘拐犯は一見少女の父親かと見まがうほど温和なキャラ。
この後の少女の末路は解らぬままCMは終了。



てなわけで、今回二本復刻してみました。
覚えてる人いたら嬉しいな。
もっと怖い啓蒙CMあったら教えてほしいんですが。それでは次回。



戻る  過去ログ  

inserted by FC2 system